ちゆうじやうまちとりてこのしなじなをわきまへさだめあらそふ 02-030

2020-02-16A:解釈を決定づける基幹語

ここは以後の発言の話者を決定するうえで、極めて重要な文言である。この箇所からすると、二人を待ち受けた頭中将は左馬頭と討議していることになっている。これまでの注釈では、頭中将はただ左馬頭の意見を拝聴しているに過ぎない。左馬頭の発言とされている箇所のいくつはは頭中将の発言と解さなければ、「定め争ふ/02-030」形跡が消えてしまう。

2020-02-16A:解釈を決定づける基幹語

Posted by 管理者