こころくるしげなる 01-149

2020-02-16き・け・げ・気,こころ・心

若宮が帝の目には気の毒に見えた。「心苦し」は相手の立ち場を思って居たたまれなくなる見る側の感情。どうして髪を削ぐことが気の毒になるのか。それは桐壺との約束である、東宮にしてやることもできず、皇籍からも外して一世源氏にすることになり、桐壺の申し訳なくなったからである。そうした背景を思い浮かべないと、何をまた帝はめそめそしているのかという不理解が生じる。大蔵卿が苦しそうにしているという解釈は論外。

2020-02-16き・け・げ・気,こころ・心

Posted by 管理者