うこんのつかさのとのゐまうしのこゑ 01-100

2021-01-11

夜の警備は午後九時頃(亥の一刻)から十二時半頃(子の四刻)までが左近の衛府が担当し、午前一時頃(丑の一刻)から午前四時半頃(寅の四刻)までは右近の衛府が担当した。すなわち、ここは左近の衛府から右近の衛府に替わったことで、丑の刻(午前一時頃)が来たことを知ったのである。


右近の司の宿直奏の声 聞こゆるは丑になりぬるなるべし

右近の司の宿直を申し上げる声が聞こえるからは、丑の刻になったのであろう。

Posted by 管理者