いはせず・いわせず・言はせず・言わせず 01-041

2021-01-10

帝が桐壺更衣に自分を女御と呼ばせる。「せ」は使役。


女御とだに言はせずなりぬるが あかず口惜しう思さるれば いま一階の位をだにと 贈らせたまふなりけり

生前后(きさき)はおろか女御とさえ呼ばせずに終ったことが、残念でならぬとお考えなので、せめて一階級だけでもと贈られたのです。

Posted by 管理者