まめやかに 02-159

2021-01-14D:古典一般に見られる語彙

まじめに。本気で。頭中将と藤式部丞の身分の違いを感じさせるやりとりだが、社交辞令は捨て置いて早く本題に入れという勧めであろう。頭中将にしても、一言も発しない藤式部丞が何か言いたげにしているのは見て取っていたであろう。


下が下の中には なでふことか 聞こし召しどころはべらむ と言へど 頭の君 まめやかに遅しと責めたまへば 何事をとり申さむと思ひめぐらすに

「下の下の分際では、どういう内容をもってお聞きがいある話といたせましょう」と言うが、頭中将の君はまじめな顔で「遅いぞ」と詰め寄りになるので、どんな話を持ち出し申そうかと思案したのちに、

2021-01-14D:古典一般に見られる語彙

Posted by 管理者