やまとなでしこをばさしおきて 02-145

2021-01-14D:古典一般に見られる語彙,さし・差

「あはれはかけよ撫子の露」と詠んできた女の歌意を脇に置いて後回しにする。


大和撫子をばさしおきて まづ塵をだになど 親の心をとる

大和撫子のことは二の次にして、これからは何はさておき寝床に塵さえつかぬよう頻繁に通うことにしょうなどと親の本心を汲み取る。