さきまじる 02-144

2021-01-14

子である大和撫子と、親である常夏(唐撫子)が入り乱れて咲く。


咲きまじる色はいづれと分かねどもなほ常夏にしくものぞなき

咲き混じれば大和撫子も唐撫子も美しさこそいずれを甲乙つきかねますが、やはりわたしには常夏の花が一番です、子は頭を撫でただけですが、あなたは床で撫であった仲なのですから。

Posted by 管理者