なほとこなつに 02-144

2021-01-14A:解釈を決定づける基幹語

「常夏」は唐撫子、石竹。「とこ」は「常」と「床」、「なつ」は「夏」と「撫づ」をかける。女が「垣ほ」で暗示した女性器を、「床」で置き換える。頭を撫でた子も可愛いが、やはり乳繰り合ったおまえが愛しいというセクシャルな返歌。


咲きまじる色はいづれと分かねどもなほ常夏にしくものぞなき

咲き混じれば大和撫子も唐撫子も美しさこそいずれを甲乙つきかねますが、やはりわたしには常夏の花が一番です、子は頭を撫でただけですが、あなたは床で撫であった仲なのですから。

2021-01-14A:解釈を決定づける基幹語

Posted by 管理者