いさや 02-141

2021-01-14

(否や、不知や)否定の言葉。言葉をにごす感。さあ、どうだか。左馬頭の紹介した指を喰う女や木枯の女に比べ、歌の詠ぶりが生で、洗練さを欠いており、紹介するのがためらわれるものであった。


さて そのの言葉は と問ひたまへば いさや ことなることもなかりきや

「それで、その紙の中身は」と光の君がお問いになったところ、「いえ、これと言って変わった内容でもありませんでしたよ。

ヴァリエーション:
いさや

Posted by 管理者