このひとこそは 02-138

2021-01-14D:古典一般に見られる語彙

頭中将こそは頼みの夫である。


親もなくいと心細げにて さらばこの人こそはと 事にふれて思へるさまもらうたげなりき

親もなくとても心細い様子で、それだけにこの人だけが頼みだとことあるごとに思っているようなのも可愛らしい感じでした。

2021-01-14D:古典一般に見られる語彙

Posted by 管理者