たえだえ 02-136

2021-01-14

途切れ途切れに。始終忘れられないのではなく、忘れられない状態が時折あったということ。


いと忍びて見そめたりし人の さても見つべかりしけはひなりしかば ながらふべきものとしも思ひたまへざりしかど 馴れゆくままにあはれとおぼえしかば 絶え絶え忘れぬもの思ひたまへしを

「たいそう人目を忍んでいい仲になった女が、秘密裏のままのつき合ってゆけそうな感でしたので、長続きしそうな関係とも思っておりませんでしたが、馴れゆくうちにはいとしく思えてきて、途絶えがちながら忘れられない存在になっていたのですが。

Posted by 管理者