さることとはおぼすべかめり 02-134

2021-01-14

そうとはお思いになりながら。後に「ながら」など、でもねという否定のニュアンスが省略されている。


中将 のうなづく 君すこしかた笑て さることとは思すべかめり いづ方につけても 人悪ろくはしたなかりける身物語かな とて うち笑ひおはさうず

中将のごとくうなずく。光の君はすこしうす笑いを浮かべながらもそうではあろうがとお思いのようだ。「誰の身に起きたとしても外聞悪くっともない身の上話だな」とおっしゃり、な思わずお笑いになった。

Posted by 管理者