をらばおちぬべきはぎのつゆ 02-131

2020-02-16B:背景理解に役立つ基礎語

萩はそうでなくとも散りやすいのに、手折ろうとすると、その前に落ちてしまいそうな荻の上の露。薄幸の人である夕顔を暗示する。「あえかなる好き好きしさ」を象徴する。「折りて見ば落ちぞしぬべき秋萩の枝もたわわに置ける白露」(古今集巻四秋・読人知らず)を引く。

2020-02-16B:背景理解に役立つ基礎語

Posted by 管理者