あゆみきて 02-125

2021-01-14D:古典一般に見られる語彙

上人が女のいる簾の近くに歩み寄ること。「来る」はその対象が自分の側に近づく場合の使用が多いが、自分の側から遠のき念頭物に近づいてゆく場合も使われるので、必ずしも左馬頭が女の近くにいる必要はない。左馬頭の意識の岐点が、自分から女に移ったと読んでおく。ここからも、左馬頭の動揺が読み取れる。


男いたくめでて 簾のもとに歩み来て 庭の紅葉こそ 踏み分けたる跡もなけれなどねたます

男はたいそう感心して簾近くに歩み寄り、「庭の紅葉こそ男の通った跡もないがあなたどうかな」などと嫉妬心を掻きたてる。

2021-01-14D:古典一般に見られる語彙

Posted by 管理者