うへびと 02-120

2021-01-14

殿上人。左馬頭が通っている妻(木枯の女)の浮気相。ただし、牛車に乗り合わせた時点で左馬頭はもちろんそのことを知らない。左馬頭は左馬寮の長官で従五位相当。「上人」の動作に対して敬語が使用されていないことから、やはり従五位の同輩であろうと推定される。


神無月のころほひ 月おもしろかりし夜 内裏よりまかではべるに ある上人来あひてこの車にあひ乗りてはべれば 大納言の家にまかり泊まらむとするに この人言ふやう 今宵人待つらむ宿なむ あやしく心苦しとて この女の家はた 避きぬ道なりければ 荒れたる崩れより池の水かげ見えて 月だに宿る住処を過ぎむもさすがにて 下りはべりぬかし

神無月の頃月の美しい夜に、内裏より退出いたしました折り、ある殿上人と行きあいわたしの牛車に途中まで相乗りすることなりましたので、大納言の家に出向いて宿る予定といたしましたところ、この人が言うには「今宵人持ちしてる宿のことがどうにも気がかりで」と、折しもの女の家が道沿いで避けることはならず、荒れた築地のくずれからは池に映った月影がのぞかれ、月ですら宿る住かを素通りするのもさすがに心苦しくつい二人して降り立ってしまったのです。

Posted by 管理者