つゆのはえなくきえぬるわざなり 02-115

2020-02-16A:解釈を決定づける基幹語

露によって花紅葉が色を増すことなく、しおれてしまう運命である。「露のはえなく」は夫の愛情という照り返しが欠けること。夫の愛情があって、妻は長生きできるのだとの意味。左馬頭の愛情という「はえ」を得られなかった指を喰う女は若死にしたことから立論されている。男性貴族の女性観をよく表しているだろう。

2020-02-16A:解釈を決定づける基幹語

Posted by 管理者