さしもみたまへざりしことなれど 02-110

2021-01-14D:古典一般に見られる語彙

その時まで、そんな風には思ったことはなかったけれど。


艶なる歌も詠まず 気色ばめる消息もせで いとひたや籠もりに情けなかりしかば あへなき心地して さがなく許しなかりしも 我を疎みねと思ふ方の心やありけむと さしも見たまへざりしことなれど 心やましきままに思ひはべりしに

こちらの気を引く思わせぶりな恋歌も詠まず心のままに恨みを綴った手紙も残さず、まったく取り付く島のない愛情のなさには、やるかたない思いがして、あんなに口やかましく情け容赦がなかったのも自分を捨ててほしいとの本心からだったのかと、そんなふうに考えたことはこれまでなかったことながら、腹立ちまぎれに疑ってかかったものですが、

2021-01-14D:古典一般に見られる語彙

Posted by 管理者