さればよ 02-108

2020-02-16一般的な説明をした通常古語

「さあればこそしか思ひたまへぬるよ」などの省略表現。灯りを落とし、綿入れに匂いを薫き込めるなどして、夫を迎える準備がしてあったことに対して「されば」こそ、「今宵日ごろの恨みは解けなむ」と思ったのだという、うぬぼれ意識。

2020-02-16一般的な説明をした通常古語

Posted by 管理者