けしきもみがてらゆきをうちはらひつつ 02-106

2021-01-14

流心をここに見なければ、この表現は何を言いたいのか文脈がたどれなくなる。


内裏わたりの旅寝すさまじかるべく 気色ばめるあたりはそぞろ寒くや と思ひたまへられしかば いかが思へると 気色も見がてら 雪をうち払ひつつ

宮中の仮寝は心も寒々と思われようし、すぐに激情する女のあたりはさぞや見所があろうと思えましたので、今夜の雪をどう思っているだろうかと一面の銀世界を満喫しがてら雪を払いつつ行きますと、

Posted by 管理者