なのめにおもひなりて 02-099

2021-01-14

形容詞 形容動詞の連用形+「思ふ」。「なのめなり」と思って。「なのめ」はよくあること、普通のこと。「思ひなり」はそのように思うように努める。自ら制御すること。即ち、感情を爆発させるような特別なことではなく、男にはありがちなことだと思うように努めよ、と言いたい。


かくおぞましくは いみじき契り深くとも 絶えてまた見じ 限りと思はば かくわりなきもの疑ひはせよ 行く先長く見えむと思はば つらきことありとも 念じてなのめに思ひなりて かかる心だに失せなば いとあはれとなむ思ふべき 人並々にもなり すこしおとなびむに添へて また並ぶ人なくあるべきやうなど かしこく教へたつるかなと思ひたまへて われたけく言ひそしはべるに

「こうも感情を露わにするのでは、たとえ夫婦の宿縁が深くてもこれを最後にもう逢うまい。これぎりと思うならこうも理不尽な邪推をしていろ。行く先長く連れ添ってもらいたいなら、恨めしいことがあってもじっとこらえて男にはありがちなことだと自制して、こんなひがみさえなくなればどんなにいとしく思えることか。私が人並みにも出世し、すこし貫禄でも出ようなら、正妻たるそなたに並ぶ女などいはしないのだから」などと、みごと諭しおおせたと思いながらいい気になってまくし立てておりますと、

Posted by 管理者