すすめるかた 02-097

2021-01-14

意味が特定できないが、「とかくなびきてなよびゆき」に対比されていることから、前に出たがる、積極的な、勝気なといった感だろう。「もの怨いたくしはべりしかば/02-096」から、印象としてそう感ていた。しかし、元来は従順であったので、強い態度に出れば、嫉妬を引っ込めるだろうと、左馬頭は算段したのである。


この女のあるやう もとより 思ひいたらざりけることにも いかでこの人のためにはと なき手を出だし 後れたる筋をも なほ口惜しく見えと思ひはげつつ とにかくにつけて ものまめやかに後見 つゆにてもに違ふことはなくもがな思へりしほどに 進めると思ひしかど とかくなびきてなよびゆき 醜き容貌をも この人見や疎まれむと わりなく思ひつくろひ 疎き人に見えば 面伏せにや思はむと 憚り恥ぢて みさをにもてつけて見馴るるままに 心もけしうはあらずはべりしかど ただこの憎き方一つなむ 心をさめずはべりし

この女のやりは、もともと、考え至らなかったことでも、どうかしてこの人のためにはとを尽くすし、人に劣ることでも肝な点だけは何とかがっかりさせぬようして励んだりと、なにかにつけ誠実そのものといった世話焼きをし、いささかも夫のに違うことがないようにと思っている様子からすると勝ち気な女だと思っておりましたが、何かとこちらの意のままになびく様子であったし、醜い容貌にしてもこの人に見られたら疎まれてしまうのではないかとひどく恐れて化粧をし、醜さに鈍感な女だと人に思われては夫の面目をつぶすのではないかと一歩さがって遠慮するなど、妻の分を堅く守り努める様子を慣れ親しんでいくうちに愛情も相応にわいて来もしましたが、ただこのにっくきあの一点だけは我慢がなりませんでした。

Posted by 管理者