2020-02-16うち・打

2020-02-16

安心してすっかり身をまかす。本妻として頼りにすること。

2020-02-16うち・打

2020-02-16

夜がれでつもった塵を床から払いのける。

2020-02-16うち・打

2020-02-16

「うち」はすっかりの意味と、とっさにすこしばかりの意味がある。後に「頼めわたる」とあるので、すっかりではない。「頼む」はマ行四段活用の自動詞用法(こちらが相手を頼りとする)、マ行下二段活用の他動詞用法(相手がこちらを頼りとするようにさ ...

2020-02-16うち・打

2020-02-16

伴侶として頼むこと。「うち」はすっかり。

2020-02-16うち・打

2020-02-16

「まめまめしき筋を立てて耳はさみがちに美さうなき家刀自の、ひとへにうちとけたる後見ばかりをして/02-058」とあった。男女の距離感がなく、生きるための世話焼きのレベルで、貴族の精神基盤である文化面が欠如している。