2020-02-16そふ・添,たち・だち・たて・立

2020-02-16

「やすらふ」べきものでない女の態度に、蒜の臭いまで加わって。

2020-02-16そふ・添

2020-02-16

男がいるのではないかという疑い。

2020-02-16そふ・添

2020-02-16

頭中将は後で知ることになるが、本妻が女に対してひどいことを言っていたことがすでに語られている。「この見たまふるわたりより、情けなくうたてあることをなむ、さるたよりありてかすめ言はせたりける/02-139」。涙の露ばかり嵐まで吹き付け。 ...

2020-02-16おく・おき・置,そふ・添

2020-02-16

あなた(命婦)があかず流した涙が露となり、野分に濡れたこの草深い家に、露を残してお帰りなのですねという応答になっている。