2020-02-16おく・おき・置,さし・差

2020-02-16

「あはれはかけよ撫子の露」と詠んできた女の歌意を脇に置いて後回しにする。

2020-02-16さし・差

2020-02-16

行き過ぎである。この点から考えると、女の行動は、左馬頭の限度を超えていたということになろう。

2020-02-16さし・差

2020-02-16

無理に矯正する。

2020-02-16さし・差

2020-02-16

抽象論をより身近な緊迫した問題として引き寄せる場合に使用するつなぎ言葉。話者が頭中将に変わり、妹で光源氏の正室である葵の上を念頭にした発言である点に留意したい。頭中将の心中としては、光源氏と妹の関係はうまく行っていない。しかし、元来が ...

2020-02-16おも・おぼ・思,こころ・心,さし・差

2020-02-16

「見そめし」は関係を結んだ当初。「心ざし」は愛情。「いとほし」は心を痛める感情。自分に対してつらい。相手に対してかわいい、かわいそう。男に浮気性があるからといって、出会った当初の愛情を今でも男がいじましく思うのであればの意味となる。「 ...