2020-02-16おも・おぼ・思,なす・なし

2020-02-16

「思しなす」とはそうでないものを無理にそう思おうとすること。それを語り手が強調するために「ただ」が加わっている。罪があるのに罪がないと思おうとしたということ。それは、婚儀を催しながら、娘を抱かないことに対しての罪であろう。

2020-02-16おも・おぼ・思

2020-02-16

ついついそんな風に思われる時があるので。「おぼゆる」は自発。「から」は原因。

2020-02-16おも・おぼ・思

2020-02-16

気を静めることができない。

2020-02-16おも・おぼ・思,ひと・人

2020-02-16

自ら歌詠みだと任ずる女。

2020-02-16おも・おぼ・思,とり・取

2020-02-16

悟る、わきまえる。