2020-02-16おく・おき・置

2020-02-16

女のもとに通うのをやめる、間があく。

2020-02-16おく・おき・置,さし・差

2020-02-16

「あはれはかけよ撫子の露」と詠んできた女の歌意を脇に置いて後回しにする。

2020-02-16おく・おき・置,こころ・心

2020-02-16

距離をおく、用心する。

2020-02-16おく・おき・置,おも・おぼ・思

2020-02-16

心の中で思い定める。存続をあらわす「たり」と接続しているので、「思しおきつ」は動作でなく状態を表す。よって、以前から心に決して秘めてきたことになる。源氏の誕生にはまだ時間があり、語り手は一世源氏を迎えた後の時点から帝の決断を語っている ...

2020-02-16おく・おき・置

2020-02-16

光の君をこの世に残して死出の旅に旅立つこと。従って、この一文の動作主は母君。「つひに亡せたまひぬれば/01-109」は祖母が亡くなった事実を、この文では亡くなる時の模様を描く。時間軸に沿っていないので現代の読者には違和感が生じるかもし ...