2020-02-16かた・片

2020-02-16

嫉妬心。

2020-02-16かた・片

2020-02-16

風流気取り。「あくまでさればみ好きたるは、さても見る限りはをかしくもありぬべし、時々にても、さる所にて忘れぬよすがと思ひたまへむには、頼もしげなく/02-128」思って通うのをやめてしまった木枯の女を念頭にした表現。

2020-02-16かた・片

2020-02-16

才能の片鱗の意味。雨夜の品定めでは、主に手紙の書き方や琴や笛などの芸事に使用される。頭中将は、生涯頼みとする女性を選ぶ基準として「片かど」は不要とするが、左馬頭は遊び相手として「片かど」を捨てがたく肯定的に捉えている。

2020-02-16かた・片,ひと・人

2020-02-16

頭中将の議論の出発点が、「ただ片かどを聞き伝へて心を動かすこともあめり/02-020」であった。頭中将の推論を整理する。女性選びは一部から全体を推し量る必要がある。その一部も尾ひれをついている。従って、会うと必ず期待外れになる。よって ...

2020-02-16かた・片

2020-02-16

才能の一端。あるいは一部の才能。