2020-02-16ばみ・ばむ

2020-02-16

よくみせる。

2020-02-16き・け・げ・気,ばみ・ばむ

2020-02-16

つい内心の嫉妬心がすけて見える手紙。

2020-02-16き・け・げ・気,ばみ・ばむ

2020-02-16

指を喰う女の家。ほかの浮気相手や次のエピソードである木枯の女を想定すると解釈されているが、そもそも指を喰う女のエピソードは、「まして人の心の、時にあたりて気色ばめらむ見る目の情けをば、え頼むまじく思うたまへ得てはべる/02-090」の ...

2020-02-16き・け・げ・気,ばみ・ばむ

2020-02-16

本心や本性を外に表すこと。指を喰う女の場合、「もの怨じ」が本心、男になびく性格が本性を覆っている。そのために至らざるところがないような見る目の情けを身につけているのだが、いざとなると本性が剝き出される。本性だから懲らしめたところで直ら ...

2020-02-16き・け・げ・気,ばみ・ばむ

2020-02-16

気取ってと解釈されているが、思うにまかせての意味。木の道や絵所の例では、「心にまかせて作り出だす/02-086」や「心にまかせてひときは目驚かして/02-088」に当たる。この部分は気取るでも通るので、風流気の多い木枯らしの女と結びつ ...